メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥獣調査

県猟友会、ドローン活用 /島根

ドローンによる鳥獣調査に向け、様子を公開する猟友会のメンバーら=松江市秋鹿町で、長宗拓弥撮影

 県猟友会などは23日、小型無人機「ドローン」を活用した、野生鳥獣の生息調査を松江市内で始めた。赤外線カメラを取り付けたドローンを飛ばし、生息状況を把握するのが目的。全国的にシカやイノシシによる農作物被害などが相次いでおり、収集したデータを基に効果的な対策を検討する。

 調査は、大日本猟友会とドローンの製造販売会社などが結んだ協定によるもので、昨年度から島根、岩手両県…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです