今治市

獣医学部補助金42億円 補正予算案を発表 /愛媛

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 今治市は22日、学校法人加計学園(岡山市)が4月に開学する岡山理科大獣医学部への補助金約42億円を盛り込んだ今年度一般会計補正予算案などを発表した。3月1日開会の定例市議会に提出する。約14億円は県からの財政支援を充てる。

 学園が示した総事業費約192億円のうち、県と市の協議で材料費を精査したり、PR性が高い看板などを除外するなどして6億円近くを減額し、補助対象とした。その半額の約93億円を3年間で県が3分の1、市が3分の2の割合で補助する。今年度分の市の約28億円の財源は合併振興基金が約23億円、財政調整基金が約5億円。

 菅良二市長は記者会見で、1月末に加計孝太郎理事長と面会し、当初の見込みよりも補助金を減らしたことを伝え、理解を求めたことを明らかにした。加計理事長は「分かりました。ご苦労をおかけしました」と応じたという。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文841文字)

あわせて読みたい

注目の特集