特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

選手紹介/6 明徳義塾・菰渕太陽選手/高知・中畑隆之介選手 /高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <センバツ2018>

明徳義塾の菰渕(こもぶち)太陽選手=高知県須崎市の同校グラウンドで、松原由佳撮影 拡大
明徳義塾の菰渕(こもぶち)太陽選手=高知県須崎市の同校グラウンドで、松原由佳撮影

攻守で飛躍の時 明徳義塾・菰渕(こもぶち)太陽選手(2年)

 堅守が武器の明徳義塾で守りの要、遊撃手を務める。最初から守備に自信があるわけではなかったが、ノック練習を重ね、昨年の春ごろから手応えを感じるようになった。

 一方の打撃では更なる飛躍を誓う。昨夏の甲子園2回戦では、九回に1死で打順が回ってきたが、力むあまり、好機を生かすことができなかった。「今年こそは好機で1本」と打撃フォームを変更。間合いの取り方を改善した。

 「打撃では打率5割を越えたい。どの場面でも安打を打つ」と意気込む。

 香川県さぬき市立志度中出身。173センチ、65キロ。

高知の中畑隆之介選手=高知市尾立の同校グラウンドで、岩間理紀撮影 拡大
高知の中畑隆之介選手=高知市尾立の同校グラウンドで、岩間理紀撮影

勝つために挑戦 高知・中畑隆之介選手(2年)

 「自分の結果だけでなく、勝つための打撃、勝つための守備にチームで取り組む」。甲子園での飛躍を誓うナインの頼れる「副主将」は、冷静な口調で決意を話す。

 滋賀県出身。中学時代に高知中と対戦した経験などから、「本気で甲子園を目指す環境に」と高知高へ。昨秋の公式戦では、2番で遊撃手。不調に苦しみもしたが、「思い切っていったら大丈夫」とバットを振り抜く。

 「挑戦」を後押ししてくれた離れて暮らす家族らに活躍を誓い、「今を大切に」を合言葉に努力を重ねる。

 野洲市立野洲中出身。176センチ、71キロ。

次に読みたい

あわせて読みたい