久留米市

労働生産性向上設備投資で固定資産税免除へ 中小企業、3年間全額 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 久留米市は23日、市内の中小企業が労働生産性を向上させる設備投資をする場合、設備にかかる固定資産税を3年間全額免除する措置を導入する方針を明らかにした。市によると九州では初の表明という。

 昨年12月に決定された「2018年度税制改正大綱」で設備投資にかかる固定資産税の特例が創設される方針が示された…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文374文字)

あわせて読みたい

注目の特集