メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇部興産

検査未実施 公表2カ月先延ばし 社長「顧客説明を優先」

品質検査の不正についての記者会見の冒頭で謝罪する宇部興産の山本謙社長(手前)ら=東京都港区で2018年2月23日午後4時1分、西本勝撮影

 昨秋から神戸製鋼所、三菱マテリアル、東レなどの品質データ改ざんの発覚が続く中、またも大手化学メーカーの宇部興産が23日に同様の不正を発表した。社内調査で昨年12月11日に不正が発覚したにもかかわらず、納入先への説明を優先し、公表を2カ月以上も先延ばしにしてきた。品質不正で自主的な検査を会員企業に求めた経団連への報告も怠っており、企業倫理や情報公開の姿勢が厳しく問われそうだ。

 「品質確認を第一に、お客様への説明を最優先に考えた。品質に問題ないと確認して公表した」。宇部興産の…

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文781文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 自民総裁選 「ポスト安倍」、会期延長で身動き取れず
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 受動喫煙対策 それでも先生か がん患者に「いいかげんにしろ」 自民議員、規制巡り 衆院厚労委、参考人陳述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]