特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 豊島将之八段-屋敷伸之九段 第45局の3

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

大決戦に突入

 [後]8六歩で[後]7六銀は、以下[先]8六角[後]6五角[先]7九飛[後]7三歩[先]7七桂で難解という。屋敷ペースと思われた局面が意外に難しい、が感想戦での結論だった。

 [後]7八角は屋敷が勝負に出た手であるが、豊島はこの瞬間を待っていた。[先]3三角成からのカウンターパンチだ。屋敷は手を抜いて予定通り[後]8七角成としたが、[後]3三同桂は[先]8八金[後]6九角打[先]同飛[後]同角成[先]同玉[後]7七歩成[先]同銀[後]8六銀の変化が予想される。さすがに、そこまでする必要はないと思ったのか。[後]8七角成で十分指せそうなので、本譜の順を選択する気持ちはわかる。

 ところが、豊島は[先]5三金と嫌みをつけて指してきた。[後]6四角は[先]4二銀[後]同飛[先]同金[後]同角[先]7一飛で、これも難解な形勢である。屋敷は手堅く[後]3二金打と受けた。

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文926文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集