メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

武田砂鉄の気になるこの人

日本の民衆論 ゲスト ドキュメンタリー監督・原一男さん(その2止)

石綿被害の死、淡々と伝わってくる無念

 武田 原監督は、平成に入ってから「濃ゆい」人間がいなくなった、とおっしゃいますね。

 原 泉南の原告たちも、誰かの決めたルールを前提にしか動けない。法廷で泣き叫びさえできない不自由さ。昭和の時代には、まだ、そういう感情が許容されていた感じがあります。時代の締め付けが厳しくて、生きたいように生きることが難しくなっている。

 武田 これまでの市民運動や住民運動を描いた映画と今作の違いをどうお考えですか?

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、無念の謝罪 結成時にDVの事実確認も「わからなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです