メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

武田砂鉄の気になるこの人

日本の民衆論 ゲスト ドキュメンタリー監督・原一男さん(その2止)

石綿被害の死、淡々と伝わってくる無念

 武田 原監督は、平成に入ってから「濃ゆい」人間がいなくなった、とおっしゃいますね。

 原 泉南の原告たちも、誰かの決めたルールを前提にしか動けない。法廷で泣き叫びさえできない不自由さ。昭和の時代には、まだ、そういう感情が許容されていた感じがあります。時代の締め付けが厳しくて、生きたいように生きることが難しくなっている。

 武田 これまでの市民運動や住民運動を描いた映画と今作の違いをどうお考えですか?

この記事は有料記事です。

残り999文字(全文1217文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです