メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネアンデルタール人

6万年前壁画に記号 高い知性か

 これまで現生人類のホモ・サピエンス(新人)が描いたと考えられてきたスペインの洞窟内にある壁画が、実は旧人のネアンデルタール人の手による世界最古のものだったとの調査結果を、ドイツの研究チームが22日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。

 約4万年前とされてきた年代を、新たな測定で6万年以上前に改めた。壁画発見後の1913年の論文では、動物やはしごのような抽象的な記号が模…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. ファミレス ガスト宅配弁当にカエルの死骸 体長数センチ
  4. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]