メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たまてばこ

「助けて」と言おうよ

 壇上で繰り広げられる軽妙なやり取りに、会場は何度も笑いに包まれた。5日、北九州市であった元ホームレスの語り聞かせグループ「生笑(いきわら)一座」の公演。座長のNPO法人「抱樸(ほうぼく)」理事長、奥田知志さん(54)はメンバーの男女5人を指し示して観客に語りかけた。「どんなに苦しくても生きてさえいれば笑える日が来る。この人たちが生き証人です」

 その一人、松尾寿幸さん(65)は長崎県島原市の中学を卒業後、外国航路の船員など仕事を転々とした。し…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  3. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  4. 初の高校eスポーツ選手権、華々しく開幕 好プレーに歓声
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです