メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たまてばこ

「助けて」と言おうよ

 壇上で繰り広げられる軽妙なやり取りに、会場は何度も笑いに包まれた。5日、北九州市であった元ホームレスの語り聞かせグループ「生笑(いきわら)一座」の公演。座長のNPO法人「抱樸(ほうぼく)」理事長、奥田知志さん(54)はメンバーの男女5人を指し示して観客に語りかけた。「どんなに苦しくても生きてさえいれば笑える日が来る。この人たちが生き証人です」

 その一人、松尾寿幸さん(65)は長崎県島原市の中学を卒業後、外国航路の船員など仕事を転々とした。し…

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文705文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです