メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉・白井

「しらい」ではなく「しろい」 自虐アピール

千葉県白井市をPRするために作成されたポスター(つくばエクスプレス青井駅用)。さまざまなメッセージが記載されている=同市提供

 千葉県の白井市が、認知度アップを目指してユニークなシティープロモーションに乗り出した。地元出身タレントらを起用したコミカルな動画を製作・公開したほか、「無名!だけど知るほど、おも白井(しろい)市。」と自虐交じりのキャッチコピーを添えたポスターを、市の名称にちなみ色に関連した名の駅に掲示するなどアイデアを凝らした企画ばかり。伊沢史夫市長は「白井を知って興味を持ってもらい、ぜひ来てほしい」とPRしている。【橋本利昭】

 市は2016年3月、市外からの転入者の元の居住地の中で比較的多い計10市区に在住する1000人にアンケートを実施。「白井市を知らない」と答えた割合は、市川市80%▽船橋市61.4%--と東京都に近いほど高くなり、県外の横浜市では94.1%に達した。特産品のナシは都内の老舗高級フルーツ店も取り扱うほどだが、その他はこれといって目立った特色はない。伊沢市長も「知名度がない」と認め、「全然目立たない」…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです