メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉・白井

「しらい」ではなく「しろい」 自虐アピール

千葉県白井市をPRするために作成されたポスター(つくばエクスプレス青井駅用)。さまざまなメッセージが記載されている=同市提供

 千葉県の白井市が、認知度アップを目指してユニークなシティープロモーションに乗り出した。地元出身タレントらを起用したコミカルな動画を製作・公開したほか、「無名!だけど知るほど、おも白井(しろい)市。」と自虐交じりのキャッチコピーを添えたポスターを、市の名称にちなみ色に関連した名の駅に掲示するなどアイデアを凝らした企画ばかり。伊沢史夫市長は「白井を知って興味を持ってもらい、ぜひ来てほしい」とPRしている。【橋本利昭】

 市は2016年3月、市外からの転入者の元の居住地の中で比較的多い計10市区に在住する1000人にア…

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです