泉北NT

空き家をグループホームに 障害者向け改修

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
グループホームに改修する空き家の図面を見ながら打ち合わせをする西上孔雄さん(右)と前原由里子さん=堺市南区槙塚台で2018年1月31日、山下貴史撮影
グループホームに改修する空き家の図面を見ながら打ち合わせをする西上孔雄さん(右)と前原由里子さん=堺市南区槙塚台で2018年1月31日、山下貴史撮影

 大阪府南部の泉北ニュータウン(NT)に来月、戸建ての空き家を改修した障害者向けグループホームがオープンする。昨年、街開き50周年を迎えた泉北NTでは増加する空き家対策が課題になっているが、こうした改修は初めてとみられる。開設に携わったNPO法人は「街の再生に向けた新たな解決策になれば」と意気込んでいる。

 泉北NTの大部分を占める堺市によると、地区には戸建て住宅が約1万6700戸あり、うち空き家は768戸(2016年3月末時点)で4.6%を占める。08年は2.5%だった。

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文698文字)

あわせて読みたい

注目の特集