メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレ金

開始1年でも効果は限定的 経産省は継続の構え

タレントの渡辺麻友さん(中央)と若槻千夏さん(右)を招き開かれたプレミアムフライデー1周年記念イベント=東京都港区で2018年2月23日午前9時32分、浜中慎哉撮影

 「プレミアムフライデー(プレ金)」導入から23日で1年が経過した。毎月末の金曜日に仕事を早めに切り上げる習慣を広げ、個人消費の活性化や働き方改革につなげるのが狙いだった。しかし、早帰りを経験した人は月平均で約1割にとどまり、消費底上げ効果も限定的。プレ金を当てにしていた企業などからは「期待はずれ」との声も上がるが、主導する経済産業省は今後も取り組みを継続する構えだ。【浜中慎哉、竹地広憲、今村茜】

この記事は有料記事です。

残り2364文字(全文2564文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  2. 関西大も「まずは一安心」 容疑者逮捕でほとんどの学校は通常通り朝から授業 拳銃強奪
  3. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  4. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  5. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです