メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次世代交通サービス

ほぼ自動運転 記者が体験

 日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)が2020年代早期の実用化を目指し、3月5~18日に実証実験を行う次世代交通サービス「Easy Ride(イージーライド)」。2月19日、実際の実験ルートとなる横浜市内の公道で報道機関向けの事前試乗会があり、記者が実験車両に乗ってみた。

 まずスタート地点の日産本社前で、日産が用意したスマートフォンの専用アプリを起動した。「ハンバーガーを食べたい」と行き先を音声入力し、表示された一覧から商業施設「ワールドポーターズ」内の店舗を選択。乗車時刻を5分後に設定して予約が完了した。

 時間になると、電気自動車「リーフ」を改造した実験車両がそろりと到着した。運転手は運転席に座っている…

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文1036文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです