メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日産・DeNA

3月に公道で自動運転タクシー実験

自動運転タクシーなどを巡る主な協業

20年代に実用化目指す

 「魅力ある車を届ける本業に加え、多くの皆様に新しいサービスを提供する」。日産の西川広人社長は横浜市内で開いた発表会で、新サービスの意義を強調した。同席したDeNAの守安功社長も「交通が抱える課題をインターネットや人工知能(AI)の力で解決したい」と意気込んだ。

 「Easy Ride(イージーライド)」と呼ぶ新サービスの実験は3月5~18日、横浜・みなとみらい地区の公道約4.5キロの限定コースで行う。300組の参加者は、スマホに取り込んだ専用アプリで目的地を決めて車を呼び出し、乗車して移動、降車するまでの流れを体験する。

 配車サービス自体は米ウーバー・テクノロジーズなどが世界で手がけているが、イージーライドは自動運転技…

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1148文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 沢尻エリカ被告保釈される 勾留先の警視庁東京湾岸署から

  3. 人生は夕方から楽しくなる 作家 北方謙三さん 人間臭いキャラクター、どれも自分の分身

  4. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  5. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです