著作権

教材利用の法改正案 電子データ許諾無し可能に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

政府が閣議決定、国会に提出

 政府は23日、インターネットでの検索や、授業教材として電子データを利用する場合、著作権者の許諾を得ずに著作物を利用できる新たな制度を盛り込んだ著作権法改正案を閣議決定し、国会に提出した。今国会で成立する見通し。施行は「教材としての電子データ利用」については今後、政令で定め、それ以外は来年1月1日。

 著作権法は、著作物を複製やネット送信する場合、著作権者の許諾を得ることを原則にしている。学校の授業での紙へのコピーや、視覚障害者のための点字複製など公益性が高いケースについては著作権者の権利を制限し、無許諾利用を認めているが、そうした場合は条文で個別・具体的に規定している。

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文659文字)

あわせて読みたい

注目の特集