不妊手術

高知県では39人 旧優生保護法下

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 高知県は23日、旧優生保護法(1948~96年)に基づく不妊手術について、現存資料を整理したところ、1961~84年度に計39人の手術を決定したことが確認できたと発表した。

 県健康対策課によると、39人は同課に残る61~84年度の公文書18件で確認。手術決定の内訳は男性8人、女性31人で、最年少は…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文307文字)

あわせて読みたい

ニュース特集