メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪フィギュア

OAR初の金 五輪賛歌で表彰台

女子シングルのセレモニーで笑顔を見せる優勝したザギトワ(右)と2位のメドベージェワ=江陵アイスアリーナで2018年2月23日、佐々木順一撮影

 【平昌・福岡静哉】平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子を制したアリーナ・ザギトワ(15)が23日夜、メダル授与式に臨み、「ロシアからの五輪選手(OAR)」として今大会初の金メダルを贈られた。満面の笑みでメダルを受けたが、OARは国歌、国旗の使用が禁じられているため代わりに五輪賛歌が流れ、五輪旗が掲揚されると、少し硬い表情になった。

 授与式後、ザギトワは国旗、国歌がないことを問われ「答えたくない」とだけ話した。ロイター通信によると、OARで銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワは授与式前に「それは問題ではない。私たちがどこの選手なのかはみんなが知っている」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

  3. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  4. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  5. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです