メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 被災の7町村住民「経済面で不安」7割 就労支援など課題 福島大調査 /福島

 東京電力福島第1原発事故で被災した双葉郡の7町村で、住民の74%が今後の生活に経済的な不安を感じていることが、福島大の調査で明らかになった。生活設計を賠償金や年金・恩給に頼らざるを得ない実態も判明するなど多くの課題が浮き彫りになった。

 調査によると、今後の生活の経済面で33・8%が「とても不安」、40・5%が「ある程度不安」と回答。生活設計のもとになっているのは(複数回答)、賠償金が56・4%、年金・恩給が50・7%で、勤労収入は32・7%にとどまった。賠償金支払い終了への不安を感じているのは78・3%に上った。

 就労面の影響も大きく、震災前は36・4%だった正規雇用は20・6%に減少。逆に無職が28・4%から…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文912文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. 札幌爆発 周辺住民、不安の夜 150メートル先ガラスも割れ
  5. 電気製品 つなげすぎると火災の危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです