彩人旬人

四日市東日本大震災支援の会 現王園舞さん・疋田聖菜さん /三重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
現王園舞さん・疋田聖菜さん 
現王園舞さん・疋田聖菜さん 

被災地の現状伝える 現王園舞さん(19)・疋田聖菜さん(19)

 東日本大震災から来月で7年を迎える。震災直後に四日市大学の学生、教員が組織した「四日市東日本大震災支援の会」は、宮城県東松島市へのボランティア活動を続けている。熊本地震の被災地などにも支援の輪を広げ、これまで約50回の活動に延べ約1700人の学生が参加した。1年生の現王園舞さん(19)と疋田聖菜さん(19)は「大切にしているのは現地で見聞きしたことを伝えるということ。震災を忘れてはいけない」と、防災への意識を高め、被災地に寄り添う。【安藤富代】

 今月16~18日、2人はOBやスタッフら15人と熊本県西原村を訪れた。西原村は、地震被害が大きく報道された益城町と南阿蘇村に挟まれた山里。仮設住宅で暮らす人たちを集会所に集め、足浴で体を温めてあげたり、話に耳を傾けたりして交流した。

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1154文字)

あわせて読みたい

ニュース特集