メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ならまち花あかり

芸妓の舞をパシャリ 撮影会に30人 きょうまで /奈良

撮影会で舞を披露する芸妓=奈良市で、郡悠介撮影

 お座敷文化の継承を目的とした芸舞妓(まいこ)のイベント「ならまち花あかり」(奈良・元林院花街復興プロジェクト主催)が24日、奈良市内で始まった。25日まで。

 今年で3回目。奈良ホテル、旧大乗院庭園、四季亭、浮見堂の各所では、芸妓(げいこ)らをモデルとした撮影会が初めて開かれた。約30人の写真愛好家らは、高知や愛媛県などから来た計5人…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 公営ギャンブル「1000万円以上の的中」徴税強化へ レース実施者、ネット購入情報提供へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです