メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと人

レノファ山口監督 霜田正浩さん /山口

霜田正浩さん

経験注ぎ一丸、きょう第一歩 霜田正浩さん(51)

 「自分の経験を全て注ぎ込めるタイミング、環境がある」と、レノファ山口の経営陣からの要請を受け入れ、2017年11月、監督に就任した。

 東京都出身。「人と違うことをするのが好きだった」という小学生時代は、野球選手を目指す少年が大半だった中でサッカーを始めた。高校卒業後、周囲は大学へ進んだが、単身ブラジルへ留学。国民が熱狂する「サッカー王国」の日常に触れる日々を送った。

 1988年に帰国。京都紫光クラブ(現京都サンガ)などでMFとして活躍後、大塚製薬(現徳島ヴォルティス)で指導者生活をスタートした。2009年に日本サッカー協会に入ると、日本代表のアギーレ前監督やハリルホジッチ監督の招請を実現させた。「いろいろな国の選手や監督、コーチと一緒に仕事をしてきた」と語る経験は、自身初のJリーグ監督となっても生きている。三幸秀稔主将(24)は「ミーティングでも、試合への出…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  3. イオン、就業時間中は全面禁煙に 従業員45万人対象 「卒煙」支援も

  4. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです