メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと人

山口大大学院准教授 荒木英樹さん /山口

荒木英樹さん

「地域農業」人材育成に熱 荒木英樹さん(43)

 山口市吉田の山口大キャンパスに広がる農学部付属農場で、学生たちと日々汗を流す。専門は作物学。酒米や小麦の栽培法を研究しながら、地域の課題に挑戦する人材育成に熱を入れる。

 富山県で育った中学時代、エチオピアを襲った大飢饉(ききん)など世界の食糧問題を知った。「農業が生活を助ける」。農業技術者を志して名古屋大農学部へ。2002年から山口大に研究の場を移した。

 山大では、学生が育てた野菜を学内で販売している。雨が降って収穫できず、そのまま作物が駄目になるなど…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです