メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

英国 赤い電話ボックス 生まれ変わる象徴 街に調和、カフェや図書館に

赤い電話ボックスを改装したカフェ「KapeBarako」。店主のハリドさんは「赤い電話ボックスを英国から消してはいけない」と話す=ロンドンで

 英国の象徴として有名な赤い電話ボックス。携帯電話の普及に伴う利用者の減少により各地で撤去される中、小さなカフェや図書館などに改装して残そうとする取り組みが広がっている。用途を変えて生まれ変わった赤い電話ボックスが街にどう調和しているのか、訪ねてみた。

 「このカフェがある限り、英国から赤い電話ボックスが消えることはない」。ロンドン北部の高級住宅地、ハムステッド地区。駅前で電話ボックスを改装したカフェを経営するハリドさん(37)がコーヒーを注ぎながらほほ笑んだ。

 ボックスの内部をのぞくと、小さな冷蔵庫と食材を並べた棚が備え付けられている。コーヒーのほか、パンや…

この記事は有料記事です。

残り1585文字(全文1867文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. ポルシェで時速200キロ 芦屋の医師を危険運転致死容疑で追送検
  3. 都公安委 吉沢ひとみ被告の免許取り消し
  4. 40年間以上無免許運転の男逮捕 「面倒くさくてお金もないので」と更新せず
  5. 大阪女児不明 友梨さんの父が手記公表「些細な情報でも」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです