メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

38歳 まだ投げ続ける 井川慶が貫く「野球道」

兵庫ブルーサンダーズの若手とトレーニングに励む井川慶(右端)=兵庫県三田市で2017年7月、菅知美撮影

栄光と挫折味わい

 寒空の下で黙々とボールを投げ続けていた。プロ野球春季キャンプが沖縄や宮崎など温暖な地で始まった今月初旬。兵庫県三田市の市立球場に、白い息を吐きながらキャッチボールをする男の姿があった。ゆったりとしたフォームから力強いボールを相手の胸元に投げ込む。

 元阪神タイガースの井川慶(けい)(38)。関西の人気球団を2度のリーグ優勝に導くなど日本球界で一時代を築いた左腕は「ずっとプロの世界にいたので、いつまでにどうすればいいのか心得ている。まあ、気長に連絡を待ちますよ」と笑顔を見せた。

 阪神、米大リーグ・ヤンキース、オリックスと海を挟んで3球団を渡り歩き、日米通算95勝を挙げた。20…

この記事は有料記事です。

残り5547文字(全文5845文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤドン、うどん県のマンホール蓋に 20日から香川の16市町に順次設置

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 拘置支所収容の50代男性が死亡 水戸刑務所 /茨城

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです