メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外宮迫さんら処分撤回 吉本興業社長が表明
今週の本棚

湯川豊・評 『銀河鉄道の父』=門井慶喜・著

 (講談社・1728円)

息子への愛情をがまんできない

 宮沢賢治の父、宮沢政次郎(まさじろう)の物語なのだが、詩人という厄介な存在を長男にもった生真面目な父がどう生きたか、その父子関係がなかなか見事な小説になっている。第一五八回直木賞の受賞作である。

 岩手県の花巻の、質屋で古着商。政次郎は父の喜助の後を継いで真面目一点張りで商売に励み、財をなし、土地の名士になった。小学校を通じて全甲の成績(賢治同様の秀才)だったが、「質屋に学問はいらない」という父親の方針にしたがって、進学することなく商売に励んだ。ただし、向上心を生涯もちつづけた。家の宗派である浄土真宗の著名な僧侶や知識人を毎年の夏、近くの大沢温泉に招いて「夏期講習会」をひらき、地元の有志が多数これに参加した。いわば財産の社会還元である。また少年の賢治はこの講習会に出て、暁烏敏(あけがらすはや)の知遇を得ている。

 といっても、これは政次郎の事跡を追う伝記ではない。伝記的事実によりながら、エピソードと場面をたくみ…

この記事は有料記事です。

残り996文字(全文1432文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  3. エンタメノート 「吉本が悪い」果たして本当か 宮迫さん・亮さんの涙もう見たくない
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです