メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こちらもオススメ

『シベリウス』=神部智・著

 (音楽之友社・2484円)

 空前の北欧ブームである。センター試験にはビッケやムーミンが登場し、デンマークは「世界一幸せな国」とあこがれの的。シベリウス(1865~1957年)は、そんなスカンディナビアの地が生んだ巨匠だ。意外にも、生涯と作品をコンパクトに紹介した書籍は少なく、没後60年を機に、「作曲家◎人と作品」シリーズに加えられたのは喜ばしい。

 「自分の正確な姿、客観的な自画像を描き出すことは不可能に近い」。こうつづったシベリウス。「フィンランドの作曲家」とされるが、スウェーデン語を使う少数派に生まれ、「混濁した出自」に葛藤した。フィンランド語の民族叙事詩『カレワラ』に想を得た「クレルヴォ」を封印する一方、愛国心を高揚する「フィンランディア」を世に問うた。

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 改憲めぐる倒錯と二枚舌

  3. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  4. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  5. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです