メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外宮迫さんら処分撤回 吉本興業社長が表明
今週の本棚・新刊

『平成デモクラシー史』=清水真人・著

 (ちくま新書・1188円)

 変動期の平成の政治を、同時進行的に描き出そうとする著者の大胆な試みは、大いに評価されよう。「ジャーナリズムの作法に、アカデミズムの枠組みの力」も借りての、著者独特の切口が、いくつもの貴重な視点を教示してくれる。

 半面、衆院への小選挙区制の導入をはじめとする一連の政治改革で「政権交代可能な二大政党制による緊張感ある政治状況」が期待されたが、現状は真逆。「自…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  3. エンタメノート 「吉本が悪い」果たして本当か 宮迫さん・亮さんの涙もう見たくない
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです