メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今週の本棚

井波律子・評 『バテレンの世紀』=渡辺京二・著

 (新潮社・3456円)

西洋とのファースト・コンタクト

 一八五三年、ペリーが日本に来航したとき、日本中が深甚な衝撃を受け動揺した。遡(さかのぼ)ってみれば、実はこれは日本と西洋の二度目の遭遇(セカンド・コンタクト)であり、この三百年前、最初の遭遇(ファースト・コンタクト)があった。本書は、『逝きし世の面影』『黒船前夜』等々の著作において、日本の歴史を新たな角度から照射した著者が、一五四九年、ポルトガル系イエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエル一行が鹿児島に到着した時点から、十七世紀前半のキリシタン禁教令、鎖国へ至るまでの約一世紀にわたる、日本と西洋のファースト・コンタクトの諸相を詳細にたどったキリシタン通史である。膨大な文献を読みこなして著されたこのキリシタン通史は、埋もれた歴史の脈絡を掘り起こした労作にほかならない。なお、本書は序章と終章を合わせ、全二十九章から成る。

 最初に日本に来訪したザビエルは鹿児島から平戸、山口を経て、京都に向かうが、京都が無政府状態だったた…

この記事は有料記事です。

残り1604文字(全文2044文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです