メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんドクトルの人間学

より高度な医療のために=山口建(県立静岡がんセンター総長)

 我が国の医療保険制度は、すべての国民が加入し(国民皆保険)、患者による医療機関の選択が自由で(フリーアクセス)、最先端の医療を少ない自己負担で提供できるという特徴を備えています。また、優れた制度にしては、国民総医療費が比較的、低く抑えられており、世界の多くの国の手本ともなってきました。

 このような医療保険制度を支える重要な仕組みの一つが、医療機関が受け取る診療報酬の公定価格化です。政府は、2年に1度、価格の是正、対象疾患の追加、新規項目の導入などの素案をまとめ、中央社会保険医療協議会での議論を経て、診療報酬体系を決定します。

 がん医療分野における2018年度からの診療報酬改定では、これまで医療現場の要望が実現していなかった…

この記事は有料記事です。

残り1148文字(全文1464文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]