メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

ナチュラルウーマン 愛すること、孤独の時間 トランスジェンダー

 穏やかなラブストーリーで始まります。

 初老の男性オルランドが、スパに行って、マッサージをしてもらい、ナイトクラブに赴く。そこの歌手マリーナと一緒に中国料理屋さんに行って、マリーナの誕生日のお祝い。それから家に帰って、ラブシーンです。

 マリーナはまだ若く、容姿や背丈からトランスジェンダーかなと思わせるところがある。でも映画は、オルランドとマリーナの年の違いやジェンダーをやかましく描き立てることなく、2人の愛情を伝えるように温かく、淡々と、進みます。

 ところがオルランドの脳動脈瘤(りゅう)が破裂して、アパートの階段から落ち、死んでしまう。病院の医師…

この記事は有料記事です。

残り1341文字(全文1617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  5. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです