メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

政治家2世、3世 家業か稼業か「継ぐうまみ」

=松尾貴史さん作

 なじみで通っていた飲食店などが、後継者がおらずに、繁盛しているにもかかわらず閉店してしまうことがよくある。その技やサービスが「無形文化財」であるだけに、一度途絶えてしまうともう復活することは不可能になってしまう。

 「息子が継がへん言うてるからな」という言葉を何度聞いたかわからない。もちろん継がないのは自由だし、子供の未来は子供が決めることだ。しかし、そこへ「おじいちゃんの代からやってきた店を僕も守っていくことにした」と、息子が商社を辞めて戻ってきた、などという話は、心温まるしすてきだなあとも思う。

 元来、落語家というものは世襲が一般的ではなかった。「上方落語は滅びた」などと新聞に報じられたような…

この記事は有料記事です。

残り1179文字(全文1481文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  2. 愛媛県 養殖ブリの餌にチョコ 抗酸化、鮮やかな色保つ
  3. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  4. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  5. キユーピー マヨネーズの中身が流れ落ちやすい容器を投入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです