メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi時計

グッチの新作ウオッチは自然界からインスピレーションを得た“エレガントカジュアル”(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

グッチ タイムピーシズより、ブランドのシグネチャーであるビー(ハチ)やバタフライといったモチーフを大胆にあしらった新作が発表されました。世界に名だたるトップブランドのなかでも一線を画す同社が、どのようなデザインを作り出したのか見ていきます。

 

20180223_kaki_WN_06

 

 

ビー(ハチ)やスターの大胆なモチーフで独自世界を構築

2002年に入社してから2015年にグッチ クリエイティブ・ディレクターへと昇りつめたアレッサンドロ・ミケーレ氏。彼の個性は、タイムピーシズにおいても、存分に発揮されています。G-タイムレス コレクションから発表された最新作も同じく、ブランドのシグネチャーとなっているビー(ハチ)やスターのモチーフが目を引く、大胆なデザイン。ゴールドカラーのケースと、ユニークなデザインにより、独特のエレガントカジュアルな雰囲気を作り出しています。

 

グッチ「G-タイムレス」12万9600円/Ref.YA1264062 クオーツ。イエローゴールドPVD加工SSケース。レザーストラップ。直径38mm。5気圧防水グッチ「G-タイムレス」12万9600円/Ref.YA1264062
クオーツ。イエローゴールドPVD加工SSケース。レザーストラップ。直径38mm。5気圧防水

 

ホワイトのレザー製ダイアルに配置された鮮やかなバタフライと12時位置の「25」の数字が個性を主張する一本。この他、エメラルドグリーン、ブラック、キャメルのストラップと同素材のレザーダイアルが採用された3モデルの展開もあり。キャメルはバタフライですが、エメラルドグリーンとブラックでは、文字盤のモチーフがビー(ハチ)となります。

 

 

グッチ「G-タイムレス」12万9600円/Ref.YA1264055 クオーツ。イエローゴールドPVD加工SSケース。レザーストラップ。直径38mm。5気圧防水グッチ「G-タイムレス」12万9600円/Ref.YA1264055
クオーツ。イエローゴールドPVD加工SSケース。レザーストラップ。直径38mm。5気圧防水

 

グッチ「G-タイムレス」11万5560円/Ref.YA1264068 クオーツ。イエローゴールドPVD加工SSケース。GGスプリームキャンバスストラップ。直径38mm。5気圧防水グッチ「G-タイムレス」11万5560円/Ref.YA1264068
クオーツ。イエローゴールドPVD加工SSケース。GGスプリームキャンバスストラップ。直径38mm。5気圧防水

 

イエローゴールドとブラックのカラーリングが高級感を醸し出す一本。レザー製のダイアルとストラップにビー(ハチ)とスターを印象的に配置したモデルは、時計全体で統一された世界観が非常にユニークです。もう一本のGGスプリームキャンバスダイアル仕様は、“これぞグッチ”といったデザインが魅力。こちらもトータルバランスが素晴らしくアクセサリー感覚での活躍も期待できそう。

 

 

グッチのイメージを腕時計でも表現しきる圧巻のクリエイティビティ

いずれの新作もポリッシュ仕上げのイエローゴールドPVDケース仕様ですが、ひとつ従来品と違うのが裏蓋まで同じ素材で揃えた点。この変更により、時計のエレガントな雰囲気がより強まりました。ストラップとダイアルをレザーで揃えるデザインは、高級時計でも珍しい手法ですし、さらにグッチの世界観を存分に味わうことができることから、かなり魅力的な一本といえるでしょう。

 

ちなみに文字盤にバタフライが描かれたモデルには数字の「25」がセンターに配されています。このようにグッチのタイムピーシズは、エレガントななかにも親近感のあるカジュアル感が程良く取り入れられています。これが、世界中で愛されている理由なのかもしれませんね。

 

グッチ www.gucci.com

 

 

【関連記事】
【BW2018直前情報】バーゼルワールド前でも60型以上の新作を放つウブロの驚異的な開発力
【BW2018直前情報】ゼニスの最新コレクション「デファイ」から日本限定色とともに大量バリエーションが登場
【SIHH2018速報】ジュネーブの異端とイタリアの暴れ牛の超刺激的なコラボレーションウオッチが登場
【SIHH2018速報】ポロ競技の激しい衝撃にも耐えるリシャール・ミル新作は圧巻の1億円越え!
【SIHH2018速報】ジュネーブ御三家の一角ヴァシュロン・コンスタンタンの腕時計が今年は買えるかも!?

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

  2. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです