メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪カーリング

メダル授与「涙があふれるぐらいの重み」

 【平昌・神足俊輔、岩壁峻】平昌冬季五輪カーリング女子で3位に入ったLS北見の日本が25日、競技会場の江陵カーリングセンターで行われたメダル授与式で、日本カーリング史上初となる銅メダルを贈られた。藤沢五月(26)らメンバー5人は手をつないで表彰台に飛び乗り、メダルを首にかけられると満面の笑みを見せた。

 主将の本橋麻里(31)は「メダルをかけてもらう前に涙があふれてしまうぐらい重みがある」と感激。藤沢は「4年間、ここに来ると誓って成長してきた。このチームを誇りに思う」と語った。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです