メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR北海道

駅ポイント動かず 石勝線で貨物列車一時脱線

右の車輪が右方向に脱輪したことで破損したケーブル(JR北海道提供)

 24日午前3時55分ごろ、北海道占冠村のJR石勝線トマム駅構内で、列車の進路を切り替えるポイントが作動しなくなった。付近では融雪用ケーブルが破損するなど脱線の跡があり、JR北海道などが調べたところ、直前に通過した貨物列車(17両、運転士1人)が、一時的に脱線していたことを確認した。

 けが人はいなかったが、国の運輸安全委員会が同日、鉄道事故調査官2人を派遣し、詳しい状況や原因を調べている。JR北はこの日、札幌-帯広、釧路間の特急22本を含む計39本を運休、代替バスの運行などで対応した。25日は一部を除き、運転再開する見通し。

 24日午後に札幌市内で記者会見したJR北やJR貨物によると、脱線したのは札幌貨物ターミナル発帯広貨物ターミナル行き貨物列車で、トマム駅を時速約30キロで午前2時9分に通過。その後、ポイントが不作動となり貨物列車を点検したところ、3両目の車輪に通常ではつかない傷を確認した。

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「守ってあげれなくてごめんなさい」 急死の木村花さんの母がツイート

  2. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 自首の36歳、殺人容疑で逮捕 埼玉・富士見のマンション2遺体

  5. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです