メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学入試

「忙しい教師」敬遠? 教員養成学部の倍率低く

昨年の国公立大学の2次試験前期日程の試験開始を待つ受験生たち=東京都文京区の東京大学で2017年2月25日、丸山博撮影

 国公立大入試の2次試験が25日に全国で始まる。今年の志願者数は168大学582学部の募集10万547人に対し、前年より5078人少ない延べ46万5708人。近年は好景気を受けて就職先の選択肢が多いと言われる文系の人気が続く中、教員養成系学部の志願倍率は下がっている。専門家は「教員の過酷な労働環境が知られ、敬遠されているのでは」と分析する。

 2次試験は25日に前期日程、来月8日に中期、同12日に後期が始まる。文部科学省によると、少子化など…

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文718文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く
  5. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです