メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪カーリング

悲願成就、人生輝く ママ本橋4人の支柱

 【平昌・岩壁峻、神足俊輔】平昌冬季五輪は24日、カーリング女子の日本代表・LS北見が3位決定戦に出場し、銅メダルを獲得した。チームを創設した主将の本橋麻里(31)=NTTラーニングシステムズ=は控え選手(リザーブ)として、リンクを上から見渡すコーチボックスで4人のプレーを分析した。出場できないもどかしさを押し殺し、精神的支柱となった本橋。同競技で日本初のメダルに「後輩たちが、すくすくと育ってくれて感謝しかない」と目を潤ませた。

 2006年トリノ、10年バンクーバー五輪に「チーム青森」として出場。「マリリン」の愛称で親しまれ、カーリング人気の火付け役となったが、両五輪はいずれも1次リーグで敗退した。

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1140文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  3. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  4. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

  5. インド南部で旅客機着陸失敗、17人死亡 滑走路で停止できず斜面落下

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです