メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演歌・歌謡ラボ

角川博/市川由紀乃=専門編集委員・川崎浩

角川博 女歌は客観的に遊ぶ

 英語の歌は、基本、歌手と歌の主人公の性は同じである。例えば、トニー・ベネットは「ザ・マン・アイ・ラブ」を「ザ・ガール・アイ・ラブ」のタイトルにして、歌詞も大幅に変えて歌う。ところが、演歌には歌手と主人公の性を変えて歌う「女歌」「男歌」というミニジャンルがある。違和感がもたらすバーチャルな感興を楽しむのである。その点で、演歌ほど現実感がなくファンタジー的状況を許す歌謡ジャンルはない。極めてアバンギャルドなのである。

 「女歌」の第一人者は角川博である。新作「女のなみだ」(キング)でも、別れた男を恋しのぶ女心を切々と…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです