皇室

明治天皇が見た日本 宮内庁の所蔵写真、本に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 宮内庁が所蔵する明治時代前期の各地の風景を撮影した写真を収めた本が発行された。急速に近代化が進んだ当時の様子を知ることができる資料だ。

 写真集の題は「各地勝景一 旧江戸城・東京ほか 各地勝景二 北海道開拓・台湾出兵ほか」。収録された写真は明治天皇に各地の様子を報告するために集められたもので、宮内庁三の丸尚蔵館に保管されている。明治5~18(1872~85)年に撮影されたとみられる197枚を収めた。

 旧江戸城の写真には、現在は残っていない「百人二重櫓(やぐら)」や「松倉櫓」などの建物が写っている。壁のしっくいがはがれ、修繕されないままになっている状況もうかがえる=[1]。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文539文字)

あわせて読みたい

注目の特集