連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

欠損女子のバー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「『かわいそう』と言う人がいるんです。なぜかな。私はいつも元気ですよ」。スタッフの琴音さん(24)は、そう話した。飲食店が軒を連ねる東京都新宿区の新宿ゴールデン街。「欠損バー」と呼ばれるバーが約2年前から不定期で開店する。応対するのは、手や足など体の一部がない女性ばかり。

 琴音さんが右腕を失ったのは高校1年生だった15歳の時。ワゴン車に突っ込ま…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集