メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

魅・宝塚、たゆまぬ挑戦

役を生きる大切さ実感 月組・風間柚乃

月組男役の風間柚乃=兵庫県宝塚市で、田中博子撮影

 月組「カンパニー」新人公演(27日・宝塚大劇場)で初主演をつかんだのは、入団4年目ながら落ち着いたたたずまいの男役、風間柚乃(かざまゆの)=写真・田中博子撮影。「去年は飛躍の年だった。今年も一日、一瞬を大切にしたい」と話す。

 昨年の正月公演「グランドホテル」の新公は、10学年以上先輩の男役スター、美弥るりかが本公演で演じた、死の間際にある老紳士の…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. コトバ解説 「アシカ」と「オットセイ」と「アザラシ」の違い

  3. 社説 NHK会長交代 政権との距離保つべきだ

  4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  5. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです