メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・首長に聞く

菅野典雄・飯舘村長 行政区の再構築課題 定住促進、起業支援も始める /福島

昨年8月に村の主要道沿いにオープンした道の駅「までい館」

 --昨年3月末に村の大部分で避難指示が解除された。どう振り返る?

 道の駅がオープンしたり、村の公式キャラクター「イイタネちゃん」が披露されたりと明るいニュースが続いた。基幹産業の農業は特産のサヤインゲンが昨夏、事故後7年ぶりに出荷され、新たな振興作物であるカスミソウの販売も好調だ。村役場は避難対応の殺伐とした雰囲気とは変わり、落ち着きが出てきた。

 --避難指示が解除されても、村内の居住率は1割程度にとどまる。

この記事は有料記事です。

残り1108文字(全文1315文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです