特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

勝負心・春

2018センバツ中央学院 第3部・選手紹介/2 高鹿隼人一塁手・1年/手塚歩夢二塁手・1年 /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <第90回記念選抜高校野球>

持ち味は「パワー」 (3) 高鹿隼人一塁手・1年

高鹿隼人一塁手 拡大
高鹿隼人一塁手

 準優勝した昨秋の県大会。拓大紅陵との決勝で、1点を追う九回に代打として打席に立ったが三振に倒れた。「あの場面で打てれば優勝できたかもしれない」。その時打てなかった左投手の変化球への対応や、逆方向に打つ方法を研究しながら練習を積んできた。

 関東大会、明治神宮大会は出場機会はなかったが、チーム内で計測するスイングスピードや遠投の記録は常にトップクラス。羽豆(はず)恭コーチは「まだまだ粗削りだが身体能力が高い」と期待を寄せる。

 体格にも恵まれており、自身の持ち味は「パワーがあるところ」。打者としてのライバルはエースで4番の大谷拓海投手(2年)と言い切り、「先輩たちを優勝させられるくらいの選手になりたい」と1年生ながら気合十分だ。甲子園では「自分たちの力がどこまで通用するか知りたい」と、強豪・大阪桐蔭との対戦を夢見る。

 就寝前に家の外に出て夜空を仰ぐのが日課だ。「星を見ないと落ち着かない」。休日は愛犬とたわむれ、散歩するのが楽しみだ。

こうろく・はやと (1)右・右(2)178センチ、88キロ(3)松戸市立古ケ崎(4)星を見ること(5)中田翔(日本ハム)


「失策0」で光る堅守 (4) 手塚歩夢二塁手・1年

手塚歩夢二塁手 拡大
手塚歩夢二塁手

 昨秋レギュラー入り。公式戦全14試合に出場し、失策0と堅守が光った。チーム内では小柄な方だが、関東大会準決勝の東海大相模(神奈川)戦では1死満塁というピンチの場面で頭上を襲う鋭いライナーを好捕し、スタンドを沸かせた。相馬幸樹監督やコーチ陣も平野翔遊撃手(2年)との二遊間コンビを「守備の要」と評する。

 一方、打撃では苦しんだ。県大会は17打数3安打にとどまり「全然打てなかった」と悔いが残った。バントのミスも目立ったことから練習の際に「場面」を意識するよう心掛け、自主練習では1日約300球のティー打撃も行った。その後の関東大会、明治神宮大会は全試合で安打を記録した。

 二塁手としてセンバツでは「自分に来たボールをしっかりさばいて投手を助けられるようなプレーをしたい」と言う。弱点を「肩の弱さ」と明かし、現在は中野翼コーチに投法の指導を仰いでいる。

 試合に向かうバスの中では、「テンションが上がる」というゆずの曲を聴くようにしている。

てづか・あゆむ (1)右・右(2)161センチ、65キロ(3)千葉市立花園(4)映画鑑賞(5)坂本勇人(巨人)


データの見方

 (1)投・打(2)身長、体重(3)出身中学校(4)趣味(5)憧れの野球選手

  ※名前の前のカッコ内数字は背番号

次に読みたい

あわせて読みたい