メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウミウ

「ウッティー」学術論文に 人工繁殖・飼育技術、民博准教授と鵜匠が共同研究 宇治 /京都

 「ウッティー」が学術論文になった--。宇治川の鵜(う)飼いを主催する宇治市観光協会は、ウミウの人工繁殖・飼育技術についての研究論文が日本民俗学会の学会誌に掲載されたと発表した。

 卯田宗平・国立民族学博物館准教授(環境民俗学)と鵜匠の澤木万理子さん、松坂善勝さん、江崎洋子さんによる共同研究。「日本民俗学」292号に掲載された。ウミウの産卵から飼育、鵜飼い訓練に至る一連のプロセスを捉えた初めての研究で、卯田准教授が長年研究している中国のカワウ繁殖・飼育技術とも比較し、特徴を明らかにした。

 市観光協では14年、偶然の産卵から前例のない人工ふ化に成功、第1号のウッティーが翌年鵜飼いデビュー…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. ガンダムとシャア専用ザクを九谷焼の皿に 「ど真ん中世代」職人が描く 越前漆器のボトルも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです