明治維新150年記念企画展

桂小五郎の刀「秀次」初公開 下関 /山口

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
初公開となる個人所蔵の桂小五郎の刀「銘 秀次」など貴重な史料が並ぶ会場
初公開となる個人所蔵の桂小五郎の刀「銘 秀次」など貴重な史料が並ぶ会場

 明治維新150年を記念した企画展「龍2@下関」が、下関市唐戸町の旧下関英国領事館と同市中之町の唐戸商会で開かれている。領事館と唐戸商会の共催で3月4日まで。入場料は両会場共通券500円。27日休館。

 旧英国領事館では、坂本龍馬の盟友、三吉慎蔵が所有していたミニエー銃(三吉家蔵)や幕末から明治を題材にした多数の錦絵、龍馬の肖像画などを展示している。三吉家所蔵のミニエー銃は、英国政府の銃砲検査機関で軍用として品質保証された証しで…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

あわせて読みたい

注目の特集