メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国人

/3 「仏師」として仏像の制作や修復に取り組む 吉田安成さん /四国

工房でのみを持つ仏師の吉田安成さん=高知県東洋町河内で、柴山雄太撮影

高知へ移住、新作に力 吉田安成(やすまさ)さん(43)

 仏像を彫る「仏師」で、高知県東洋町に住む吉田安成さん(43)は、2017年に東京から移住した。工房「よしだ造佛所」を営み、仏像の制作や修復に取り組んでいる。

 岐阜市出身。仏像に出会ったのは中学生のころで、父親の知り合いが趣味で仏像を彫っていたのを見て「面白そう」と思ったのがきっかけだった。小遣いで彫刻刀やのみを買い、見よう見まねで仏像作りを始め、中学卒業と同時に富山県の木彫工房に弟子入りした。

 彫刻刀やのみの研ぎ方、木の選び方など、基礎から教わる工房での暮らしは「楽しい思い出しかない」。そこ…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文1019文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです