メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国人

/3 「仏師」として仏像の制作や修復に取り組む 吉田安成さん /四国

工房でのみを持つ仏師の吉田安成さん=高知県東洋町河内で、柴山雄太撮影

 仏像を彫る「仏師」で、高知県東洋町に住む吉田安成さん(43)は、2017年に東京から移住した。工房「よしだ造佛所」を営み、仏像の制作や修復に取り組んでいる。

 岐阜市出身。仏像に出会ったのは中学生のころで、父親の知り合いが趣味で仏像を彫っていたのを見て「面白そう」と思ったのがきっかけだった。小遣いで彫刻刀やのみを買い、見よう見まねで仏像作りを始め、中学卒業と同時に富山県の木彫工房に弟子入りした。

 彫刻刀やのみの研ぎ方、木の選び方など、基礎から教わる工房での暮らしは「楽しい思い出しかない」。そこで身に付いたのは「職人は手を動かさないといけない」。作業をたくさんこなすことで、道具を自分の手や指のように使えるようになるという。今も毎日作業をするのが習慣だ。

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文1019文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. ORICON NEWS 多部未華子、岩田剛典からサプライズ花束「うれしい!」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです