メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

野党の国会質問時間削減 少数派の権利確立を 九州大法学研究院准教授・赤坂幸一氏

九州大学法学研究院准教授 赤坂幸一氏

 安倍政権下の「1強多弱」の国会で論戦の形が変わりつつある。昨年の特別国会に続き、開会中の通常国会でも自民党が野党の質問時間の削減に動いたからだ。与党と内閣が一体となって政権を運営する議院内閣制の下で、これまでの国会が野党質問に重きを置いてきたのはなぜか。九州大学法学研究院の赤坂幸一准教授(42)に聞いた。【聞き手・中村篤志、写真・津村豊和】

--通常国会で2018年度予算案の審議が始まりました。衆院予算委員会の論戦を見て、どんな感想ですか。

この記事は有料記事です。

残り2780文字(全文3002文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. 政権の意思決定また不透明に 検察庁法巡り法相が約束した文書いまだ「作成中」

  4. 茨城、栃木、群馬で震度4 津波の心配なし

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです