メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

国連安保理、停戦決議採択 30日間 露も同意

シリア全土で30日間の停戦を呼びかける決議案に賛成する国連安全保障理事会の理事国=国連で24日、ロイター

 【ニューヨーク國枝すみれ】国連安全保障理事会は24日、内戦が続くシリア全土で30日間の停戦を求める決議案を全会一致で採択した。アサド政権軍などによる首都ダマスカス近郊の反体制派拠点「東グータ地区」への空爆などで民間人犠牲者が急増し、状況悪化が懸念されていた。アサド政権の後ろ盾のロシアが抵抗して採択が遅れていたが、ロシアの主張を一部入れる形で採択に至った。

 決議案はスウェーデンとクウェートが提案。過激派組織「イスラム国」(IS)や国際テロ組織アルカイダなどを標的にした軍事作戦以外の攻撃を全土で30日間停止する。ロシアの同意を得るため、採択後72時間以内に停戦を開始するとした箇所が「遅滞なく」との表現に変更された。アサド政権軍は決議採択直後に空爆を実施しており、停戦が実施されるかどうか疑問が残る。

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文975文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  3. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです