メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

改憲案 主席任期「撤廃」 敵対勢力封じも 興梠一郎氏・神田外語大教授(現代中国論)の話

興梠(こうろぎ)一郎氏

 中国共産党中央委員会が発表した国家主席の任期(2期10年まで)を撤廃する憲法改正案。思惑や今後の見通しを専門家に聞いた。

     ◇

 習近平氏は昨年秋の共産党大会で、自らの名を冠した思想を党規約に盛り込んだ。国のルールである憲法の改正も進めることで、一層の権力強化が進むのは間違いない。

 憲法に規定された「国家主席」は英語で「President」と称され対外的には国家元首だ。外交の重要…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 京都選挙区、立憲新人の増原氏が落選

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです