メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/204 第6章 12=高村薫 多田和博・挿画監修

 同じ午後、合田は小石川の後楽園で特命班の長谷川管理官に会っている。長谷川は孫のリトルリーグの練習試合があって後楽公園まで来たついでに、と言い、合田もまた警大は休みでも捜査の現況を聞くためなら外出も厭(いと)わず、後楽園の池の端が二人だけの密(ひそ)かな捜査会議の場になる。

 特命班は、小金井署から引き揚げても野川事件の捜査から撤退したわけではなく、捜査員は日々気になる情報を拾い続けているが、最新のネタはやはり、先日の台風一過の朝にインスタにアップされた上田朱美の写真だった。合田もその写真は逃さなかったし、フォロワーを一人一人潰したが、特命班が公用照会で素性を割り出したフォロワーには、合田の知らない実名もいくつか含まれている。

 なかでも「こいつ、十二年前の朱美の元カレですわ」と長谷川が教えてくれた一人は、<トシちゃん25歳>…

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文952文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 IT講師刺され死亡 福岡繁華街、容疑者か男出頭
  2. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  3. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  4. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
  5. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]