メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/204 第6章 12=高村薫 多田和博・挿画監修

 同じ午後、合田は小石川の後楽園で特命班の長谷川管理官に会っている。長谷川は孫のリトルリーグの練習試合があって後楽公園まで来たついでに、と言い、合田もまた警大は休みでも捜査の現況を聞くためなら外出も厭(いと)わず、後楽園の池の端が二人だけの密(ひそ)かな捜査会議の場になる。

 特命班は、小金井署から引き揚げても野川事件の捜査から撤退したわけではなく、捜査員は日々気になる情報を拾い続けているが、最新のネタはやはり、先日の台風一過の朝にインスタにアップされた上田朱美の写真だった。合田もその写真は逃さなかったし、フォロワーを一人一人潰したが、特命班が公用照会で素性を割り出したフォロワーには、合田の知らない実名もいくつか含まれている。

 なかでも「こいつ、十二年前の朱美の元カレですわ」と長谷川が教えてくれた一人は、<トシちゃん25歳>…

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文952文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  5. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです