メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者ノート

読書が礎になった益川さん

 ノーベル物理学賞を共同受賞した名古屋大特別教授、益川敏英さん(78)の生い立ちは痛快だ。小学校時代、宿題はしないと決め、実際しなかった。中学時代は英語の授業で「マネー」を「モネー」と発音し、教室じゅうを爆笑させた。

 「自分には向いていない」と英語を話さないことに決めた益川さんは2008年、スウェーデンでのノーベル賞授賞式前の記念講演を、異例の日本語で行った。「これは信念ね。比較的好評でしたよ」とちゃめっ気たっぷりに話す。

 次期学習指導要領で、20年度以降、小学5、6年で英語が正式教科となる。しかも「アクティブ・ラーニン…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文537文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです